自由であるが故に必要となる攻略法

オンラインカジノでは、基本的に自由にベット(賭け金)を設定することができます。
日本円にして100円でも構いませんし、1勝負で1万円といった大きな賭け金で楽しむこともできます。

この自由にベットできるという点から、以下のようないくつかの有効なベット方法(賭け方)が編み出されています。
ゲーム次第で、若しくは大きく勝ちたい時、はたまたできるだけ負けたくないなど、その時その時の状況によって利用にすると、よりオンラインカジノを楽しむことができるでしょう。

マーチンゲール法

マーチンゲール法

このマーチンゲール法とは、勝つと賭け金が倍になるという、ゲームにおいて負けない為のとても有名なベット方法です。
一旦ゲームで敗けてしまった場合に、その次のゲームでベット額を倍にします。
また続けて負けた時には、更に次のゲームで倍にします。
これを勝つまでこの繰り返すと、一度勝てばそれまでの負けは全て無かったことになります。

具体的に説明すると、1000円の勝負で負けてしまった後のゲームで、ベットを倍にして2000円にします。
そこで勝てば2000円が戻ってくるので、前回の負け(1000円マイナス)は無かったことになる訳です。
そこでも負けた時にはその次を4000円と、勝つまで倍にして繰り返します。
どこかで一度勝てばいいだけなので、負けを取り戻すには大変向いている賭け方だと言っていいでしょう。

ただし、倍、またその倍と賭けていけるだけの資金力が必要になるので、それがない場合には実行できない手法です。

ココモ法

ココモ法はマーチンゲール法と似ていますが、そこまで資金力を必要としない賭け方です。
またマーチンゲール法とは異なり、一度勝つと賭け金が3倍になるゲームで、一旦負けてしまった場合次のゲームでは同じベットを張り、また負けてしまった時には前回と前々回の合計をベットするという方法です。

1000円で負けた時は次も1000円を張り、そこでも負けた場合は次は2000円、また負けてしまうことがあれば、その次は3000円という具合になり、この次の掛け金は5000円(前々回の2000円と前回の3000円の合計)、更にその次は同じ要領で8000円(3000円と5000円の合計)となります。

マーチンゲール法のように倍々にはしていかないので投資金額を抑えられる反面、2倍配当のゲームでは前々回より前まで分までは返ってこないので、3倍の配当のゲームで実行する必要があります。

パーレイ法

パーレイ法

こちらのパーレイ法は、ともかく大きく勝ちたい時におすすめのベット方法です。
勝ってベットが倍になった場合に、その合計をそのまま次のゲームに賭けます。
そこでまた勝った時にも、勝ち分全てを次のゲームに賭けるという繰り返しになります。

1000円のベットで勝ち、合計2000円になった次のゲームでその2000円を賭け、勝って4000円になった時には、そのまま4000円を次のゲームに賭けます。
どこかで負けてしまったとしても、元金は最初の1000円だけなので大した被害でもなく、最初の1000円の投資だけで大きな勝負が楽しむことができます。

もちろん延々と勝ち続けることはないので、どこかで一旦手を引かないといけません。
そのタイミングが難しいのも、この賭け方の面白いところだと言っていいでしょう。

上の例で、4連勝をして1万6千円まできたところで次に負けてしまうと、その1万6千円はパーになってしまいます。
5戦目の前に引いていれば1万6千円は残っていた訳なので(元金の1000円も含んでいます)、最初から何連勝したらそこで引くなどと決めておくことも大切です。

モンテカルロ法

モンテカルロ法

この賭け方は少々複雑なので、詳しく説明していきます。
紙などにメモしながら行う必要があるので、それを用意して行ってください。

まず最初に、紙に「1・2・3」と記載し、最初と最後の数にを足した「4」に相当する単位からベットを開始します。
負けてしまった時には、紙の「3」の後に「4」と付け足し、その「4」と最初の「1」を足した「5」に該当するベットを行います。
最初の賭け金が400円だった場合には、次は500円になる訳です。
更に負けた時には「5」を付けたし、最初の「1」と最後の「5」の合計の600円をベットします。

負けている間はこの繰り返しで、一度勝利した後は最初の最後の数字を二重線などで消して、新たに最初と最後になる数字の合計を賭けます。
最初の400円(「1」+「3」)で負け、次の500円(「1」+「4」)でも負け、更に次の600円(「1」+「5」)で勝った場合には、その次のゲームでは、最初の数字となった「2」と同じく最後になった「4」の合計の「6」に該当する600円を賭けます(この時点で「1」と「5」は消されています)。

ここで負ければ、消した「5」の次になる「6」を後ろに付けたし、最初の「2」+最後の「6」の800円が次のゲームの賭け金です。
この要領での繰り返しで、消していない数字が1つ以下になってしまうまで繰り返し、そうなった時には最初に戻ります。

一見よく分からない賭け方のように思えてしまいますが、数字がなくなった時にそこまでの勝敗数に関係なく、必ずプラスになる仕組みとなっています。
400円からベットを開始し、この方法で6連戦をした場合に、負け、負け、勝ち、負け、勝ち、勝ちとなったところでちょうど残りの数字が0になりますが、トータルでプラス600円という結果に落ち着くと分かります。

よって、配当が2倍以上のゲームにおいては言わば必勝法と言える賭け方ですが、数字が無くなるまで行う必要がある為、ある程度の長期戦になると考えておきましょう。

まとめ

これらの賭け方は、いずれもオンラインカジノで多く使われている実績があり、小さい投資で大きく勝ちたいならバーレイ法がおすすめです。
どれもそのまま使う必要はないので、独自にアレンジして利用しても構いません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です